モノで支援するアスリートファンディング「ReYoUse(リユーズ)」をリリースしました。

株式会社サイバースポーツ(本社:東京都国立市、代表取締役CEO: 下田 邦比呂)は、不要品を通してアスリー トを支援する新たなサービス「ReYoUse(リユーズ)β版」を10月14日(水)より提供開始します。

0. はじめに
大会出場の遠征費が工面できず、現役続行をあきらめざるを得ない選手も少なくありません。このような問題を解決するため、「一人でも多くのスポーツ選手を支援したい」という想いから、経済的課題を解決することができる「ReYoUse(リユーズ)」を開発しました。

サービス名である「ReYoUse(リユーズ)」は、再利用(Reuse)品を再び(Re)あなた(You)に使ってほしい(Use)” という意味がこめられています。

第一弾として、10月14日(水)より不要品の提供受付を開始します。不要品の中でも、今回はアイテムを限定して「スポーツ用品」の受付を開始します。

今後は、アスリートの登録も拡充していき、あなたが支援したい選手を直接サポートすることが可能になります。また、アスリートからもリユース品の提供を受け付けることで、リユース品の提供という新しい支援のカタチを通して、今まで知らなかったスポーツや選手との「新しい出会い」を体現するサービスへと進化していきます。

今後もスポーツの本質的価値を見極め、スポーツをする人、スポーツをみる人、スポーツではたらく人、スポーツに携わる全ての人たちが、人生を通して、スポーツで豊かになれる世界をつくるための仕組み作り、そして、アスリートの新しい支援の形を提供するプラットフォームを目指して参ります。

1. ReYoUse(リユーズ)について
「ReYoUse(リユーズ)」は、ユーザーから提供された不要品(リユース品)を、株式会社サイバースポーツが販売し、得られた収益をアスリートに支援金として分配します。

ReYoUseの仕組み

※アスリートへの支援金還元は、「ReYoUse(リユーズ)」登録アスリートに定期的に行います。詳細は近日発表予定。

2. ReYoUse(リユーズ) の特徴
フリマやオークションに出品するのが面倒で、捨てる予定だった不要品を送るだけで、アスリートを支援することが出来ます。アスリートからは感謝のメッセージをはじめ、活動報告や特別イベントの案内があります。

3. 開発の背景
企業とスポンサー契約をして活動できるアスリートはごく一握りです。多くのアスリートは、用品をはじめ、遠征費、コーチ費用など、年間で数百万円の活動費を個人で捻出しています。シーズン中であっても、正社員としての仕事やアルバイトをしながらトレーニングし、競技会に参加しているアスリートが数多くいるというのが実情です。
大会出場の遠征費が工面できず、現役続行をあきらめざるを得ない選手も少なくありません。このような問題を解決するため、「一人でも多くのスポーツ選手を支援したい」という想いから、経済的課題を解決することができる「ReYoUse(リユーズ)」を開発しました。

今後もスポーツの本質的価値を見極め、スポーツをする人、スポーツをみる人、スポーツではたらく人、スポーツに携わる全ての人たちが、人生を通して、スポーツで豊かになれる世界をつくるための仕組み作り、そして、アスリートの新しい支援の形を提供するプラットフォームを目指して参ります。

4. ReYoUse(リユーズ)が目指す未来
・アスリートがスポーツに集中出来る環境(経済活動)を支援したい―。
・アスリートとユーザー、アスリート同士が繋がる新しいコミュニケーションプラットフォームを創りたい―。
・消費者・生産者余剰の社会問題を解決したい―。

5. 不用品受付開始について
2020年10月14日より、スポーツ用品に限定し不要品の提供受付を開始いたします。
下記URLよりお申し込みください。

URL: https://reyouse.fun

6. 株式会社サイバースポーツ 代表取締役CEO 下田のメッセージ 

僕はスポーツより大切なことがあると思っているし、無理してやるものではないと思っています。だけど、純粋にスポーツをやりたい、上手くなりたい、楽しみたい、という人に対しては、分け隔てなくスポーツに関われる環境を作りたいと思っています。特に、経済的理由でスポーツを諦める人を無くしたい。それは、子供でも、大人でも、アマチュアでも、プロでも。だから、スポーツにおける新しいお金の流れを作りたい。お金がなくても、お金が潤沢にある人と変わらないような環境でスポーツができる仕組みを作りたい。
そう思ったのが、株式会社サイバースポーツを作った趣意です。
スポーツ全体のマクロの視点だけでなく、もう少しミクロな、種目による経済的格差も存在します。マイナースポーツなどは、慢性的に競技全体として経済的ハンデを背負っています。
だからこそ、僕として、そして株式会社サイバースポーツとして、
“スポーツをやりたいと思うすべての人が、経済的な理由で諦めたりしないで済む環境、構造を作る”
というビジョンを掲げています。
今回の「ReYoUse(リユーズ)」は、そんなビジョンを体現する最初の一歩となるサービスです。今後も絶え間なく、スポーツの本質とは何か、常に問いかけ、考えながら、課題解決に邁進していきたいと思っています。

6. ReYoUse(リユーズ)概要

サービス名: ReYoUse(リユーズ)
URL: https://reyouse.fun
公式Twitter: https://twitter.com/ReYoUse_pr
開始日: 2020年10月14日(水)β版第一弾リリース

【会社概要】
会社名:株式会社サイバースポーツ(英表記: Cyber Sports Inc.)
HP:https://cybersports.co.jp/
代表者:下田 邦比呂(しもだ くにひろ)
所在地:東京都国立市東1-15-11 448ビル3F
電話番号:042-508-2768
設立:2019年4月
事業内容:メディア事業、マーケットプレイス事業